先輩へ

 ラストハルマゲドンの飯島さんがPS2で出したゲームというのはこれのことです。


四八(仮)

 企画者公認(?)のクソ
 とにかくゲームとしての問題点だらけ
 都市伝説っぽい話にミニゲーム要素追加
 手抜きなシナリオ・直らない致命的バグ・無駄なシステム・搭載して当たり前な機能未搭載
 謝罪なしの開発側の言い訳
 詐欺に近いファミ通レビューでの擁護
 ゲストシナリオだけは好評
 ゲハを黙らせたKOTYの革命児
 PS2における伝説の神ゲー(クソ的な意味で)


 本文は長いのでここには引用しないでおきます。
 私自身このゲームをやったことがないので内容の批判は避けますが、バグとそれに対する対応だけを見ても酷評されても止むを得ない作品のような気がしますね。
 ちなみにラストハルマゲドンの方は、調べてみたら続編どころか著作権の関係で再版すら厳しそうです。