5分でクリアはスゴい


 「ファンタジーゾーンの最終面最後のボスまで5分以内でクリア」というのは、実際に見るまでは半信半疑だったが、実際に見て納得した。敵を倒すのが早すぎて、1つのセブンウェイショットを4面のボスから5面の雑魚、5面のボスまで繋ぐのは、あまりにも早業すぎた。
 最終面のボス連戦でも、5面のボスのところでわざと死ぬのはきっとセオリーなんだろう。6面ボスのウィンクロンも、ヘビーボムを使うよりセブンウェイショットの方が早いというのも、この動画で初めて知った。
 ただちょっと不思議なのは、この動画、ゲーム画面の中に、ゲーム内と同じフォントで「ボスの出現」や「敵ベースの残り数」などが表示されてるんだけど、これは後からくっつけてるんだよね? 実際のゲーム画面で、進行状況やボスの名前をオプションで表示するような機能はなかった気がするんだけど。

この地図はヒドい


 横スクロールアクションゲームでトップビューの地図、というのがあまりにも斬新すぎる(笑)。前にも別の動画で見たことがあるが、説明もなくこの地図を最初に見た時には、ゲーム内の暗号とかヒントか何かかと思ったくらいだ。このマップを見て、横スクロール画面のマップの、どの部分がどこに通じているか感覚的に理解できるのは、相当方向感覚に優れた人だろう。
 激ムズアクションゲームとはいうけれど、アクションが難しいとか戦闘が難しいというより、マップのつながりが難しいという。似たようなゲームもなかなか思いつかないが、あえていうならアトランティスの謎とかだろうか。