別ペンネームは難しい


 コメント欄でコップクラフトの名前が出ていて、思わず苦笑いしてしまった。私はコップクラフトのアニメは見たことがないので評価は避けるけれども、私にとってコップクラフトというと、ペンネーム関連で色々あった逸話が真っ先に思い浮かぶ。
 何の話かというと、前にも書いたことがあるとおり、コップクラフトが出版社を移籍する前の「ドラグネットミラージュ」という作品の話。最初、作者はきぬたさとしという人になっていたのだが、これが実は賀東招二さんの別ペンネームだったということを、2巻の後書きで明かしたというエピソードのことだ。その理由は「フルメタルパニックを完結させるまでは他の作品を書かないという約束をしていたから」となっている。とはいえ、あの推理小説の大家であるアガサ・クリスティですら、メアリ・ウェストマコットで居続けることには失敗しているくらいなので、別名義を貫くのは最初からかなり難しい話だったと思われる。



 また、これに関する事実を明かした経緯についても、当時かなり納得いかなかったのを覚えている。「この作品はきぬたさとしという人ではなく、賀東招二さんが書いた作品だ」というのは、本人の口から、ドラグネットミラージュの2巻の後書きで明かされた事実だけれども、ちょっと考えてみるとこれはおかしい話である。
 例えば、ドラグネットミラージュの大ファンでフルメタルパニックのことを知らない読者を想定する。この人に対して、2巻の後書きで「『フルメタルパニックを完結するまでは他の作品を書かない』という約束をしたので、別名義で出していましたが戻します」という謝罪そのものが意味がない。この人にとっては、フルメタルパニックという作品は全く興味のない、知らない作品だからだ。
 ここで逆に、フルメタルパニックの大ファンだけれどもドラグネットミラージュは一切読まないという読者を想定しても、やはりこの謝罪は全く意味がない。何故ならドラグネットミラージュを読まないため、この謝罪そのものを目にする機会がないからだ。
 つまり、最初に別名義を使ったこともよくわからないし、それに対して事実を明かして謝罪に至る経緯も、私には理解できなかったのだ。


 賀東招二さんは割と好きな方の作家さんではあるが、今にして思うと、確かにフルメタルパニックは完結させたものの、他の作品はどれも完結していない。完結させるまでは他の作品を書かないとまで言っていた人が、他のシリーズは一切どれも完結しないままになってしまってるという状態だ。いつかは完結させるつもりなのかもしれないし、責めるつもりはないが……ただ、そもそもブリリアントパークに限っていうと、設定からいってあまり長く続けることを想定したシリーズにも見えないのだけれども。

その棚は実家にあったよ

 近況を知ろうとフラフラしていたらこんなのを見つけた。




 私もかつてコレクターだったから負けないぞ……などと言いたい訳ではなく。
 賀東さんの方で私が驚いたのはMERPじゃなくてむしろ黒箱(クラシックD&Dのマスタールールセット)。これはなかなか貴重だ。そしてそれに輪を掛けて驚いたのが友野氏の棚に見える深淵、セブンフォートレス、そしてエルジェネシス。まさか友野氏がFEARのゲームを買っていたとは……。ちなみに賀東さんが大活劇を持ってなくて負けたと言ってるけど、それは当然といえば当然というか、大活劇は友野氏にとってみれば自社製品だし。

普通のVtuberっぽい


 まるで普通のVtuberみたいで草。

そっちがデビュー作だったか

game.watch.impress.co.jp


 原点っていったらOneの方じゃないの、と思ったけど、Oneはまだタクティクス名義で、Keyのブランドになってからだと最初がKanonになるのか。


togetter.com


 まさかこのイラストが教科書に使われるようになるとはなぁ……。

追いつけなかった


 ついに13章の実装か。私自身は、ようやくつい先日12章にたどり着いたところだったので、追いつけると思ったところで先に実装されてしまった感じだ。常に最前線を歩いていないといけないと思っているわけではないから、それほど残念ではないけれども。
 それより気になるのは、表示されている推奨レベルでは敵に勝てず、推奨レベルよりかなり高いレベルにしないと攻略ができない状態になっていること。恐らくその理由は、ウォークモードではクリアできないほこらやメガモンスターの心を取るのをサボっているからなんだろうが、それだけで結構戦力的には差が出るものなんだな、というのを実感している。
 後は戦力的な問題とは別に、相当コテンパンにやられて諦めた相手が、ほんのちょっとボタンをかけ直しただけであっさり倒せたりするので。そのあたりの感覚が難しい。

ノー・ウェイ・ホームのようには……


 最大の問題は、これだけゴタついた状況で「新しいシリーズを始めますよ」と言われて、視聴者たちが本当に見に行きたい思うかどうかというところだろう。私はちょっと観る気にならない。単体の作品をいくつか見てみたんだけど、設定をリブートしまくるので、動画の中でも言われているように「ここで見たのは何だったの」みたいな話になってしまう。
 だから、ノー・ウェイ・ホームの感想の時に「バットマンは『先にしてやられたな』と思っているだろう」と書いたのだ(新作に新旧両方のバットマンが出るという噂もあったし)。スパイダーマンがあれだけ大きな騒動になっておきながら、そのネガティブな要素を全てあの一作で昇華して、観客の溜飲を下げたというの本当に凄かった。しかし、後に続いてしまうと二番煎じになってしまう。そこが辛いところだ。
 出演者の人たちは、DC版のノー・ウェイ・ホームにあたる作品、あるいはそれこそX-menフューチャー&パストみたいな作品を作り、そこで一旦締めてくれ、と。そこで再起動してくれと言いたいんだろうけど、今までの流れを見る限り、ここまでグダグダになった状態でまとめられる人間がいるかというと、厳しいんじゃないかという気がする。
 ただそれこそスパイダーマンも、騒動の真っ最中はもう落としどころなんて全く見えていなかったわけで、そういう意味では PC にもまだ可能性はあるのかもしれない。あるいは、それこそノー・ウェイ・ホームのように綺麗に決着するためには、5年、10年と経ないと駄目なのかもしれない。
 本当だったら、巷で「マーベル疲れ」と言われているように、マーベルがエンドゲーム以降色々なシリーズに分岐してしまい、ビデオシリーズまで出して「全部追っていくのが大変だ」と言われている今このタイミングこそ、DCにとってはチャンスなはずなのに、そのチャンスを全然生かせてない感じはする。また、その背後に経営や人間関係のトラブルみたいなものがつき纏っているように見えるというのも、印象としてはよろしくない。

凄い恰好


 ポルカとかぽこピーとか富士葵とか、実写にCG合成するタイプのVtuber動画はいくつか見たことがあるが、さすがに蛇宵ティアのこの格好は……これで街中を歩いていたら痴女ってレベルじゃない。しかも、(774incにとっての)聖地赤羽という意味でいうと、蛇宵は勿論のこと、シュガーリリックのメンバーだけじゃなく、ハニーストラップもこの格好で外を歩いてるっていうことになるわけで、ちょっと人外魔境としか言いようがないんだけれども──って、元々魔界から来た設定なんだっけ(笑)。
 実際の話をすると、私自身は赤羽の駅で降りたことがない。何かの用事で行くということも恐らくない気がする。何か大きな施設があるとかそういう理由ではなく、本当に「774incの本社があるから」という理由なんだっけ? ただまぁ、ファンの人たちがこれで聖地巡礼とかすると、また迷惑がかかるだろうから、動画で見るだけにしておくのが無難なところなんだろう。

英語が話せなくても……


 英語が話せなくても、企画のアイデアとビジョンを持っていて、適切な相手に適切な依頼ができればここまでの動画が作れる、ってことか。旅費だけでも赤になるんだから、スタッフ連れて撮影する系の動画はもっとかかるんだろうなぁ……。

いつものこと

togetter.com


 日本企業に限らず、技術が優っているからといって企業間抗争に勝った例の方が少ないだろう。βとVHS然り、DOS/VPC-98然り。


togetter.com


 特に、DOS/Vの時はMicrosoftにしてやられた感が強かったけど、スマホに関しては3大キャリアが国内メーカーを推さず海外メーカーばかりを推していた時点で、してやられた感じも少なくて「あー、メーカーがキャリアの都合に負けたんだな」としか思わなかった。Android端末を製造している国内メーカーが二社以上あったのに、ツートップとかいってギャラクシー推してたキャリアもあったし。


xtech.nikkei.com


 国内メーカーに止めを刺したのが外国ではなくて日本企業、というのがいかにも日本っぽいとは思う。私としては、その事実よりも、それによって国内メーカーから出ていた、マイナーな変態端末(スライド式Androidとか)が消え去ったのが残念だった。

こんなことがあったとは

www.youtube.com


 この動画がYouTubeのおすすめに出てきた。こういう災害系とか事件・事故系の動画は、見た後に陰鬱な気分になることが多いので、普段は見ないんだけど、今回見たのは本当にたまたまだ。こんな事件が20年前に起きていたとは、全然知らなかった。映画化もされているようだけど、タイトルはちょっと聞いたことがなかった。
 ただ、こうして事件の経過を知ると、映画化されたというのもむべなるかな。特に最後、事故を未然に防げたというのは凄い。しかもこれ、映画では死傷者が出てるみたいだけど、現実には軽傷者一人で死人も怪我人も出てないというのが輪を掛けて凄い。

ワレニカゴー(野太い声で)


 みんな上手くなってくるとインカムが滅茶苦茶悪くなっていった、はわかる。アーケードゲームの宿命というか、確かに凄い上手い人が始めると、全然終わらないんだよな。シャドーオーバーミスタラだけの話だけじゃなく、古くは源平討魔伝なんかの頃からそうだった気がする。そういう意味では、対戦格闘ゲームであれば片方が上手ければ反対側の台はあっという間に終わって回転していくので、一時期流行ったのもこれまたよくわかる。
 シャドーオーバーミスタラの話に戻ると、回復魔法を持っているクレリックは割と攻略しやすいのかなとゲーセンに並んでいてた頃から思ってはいたが、リーチの短さとか不安な点もあって、あまり使っていなかった。一番使用頻度が高かったのはやっぱりエルフとファイター。マジックユーザーとシーフについては、盾を持ってなくて防御動作ができないから、かなり厳しかった。友達がマジックユーザーを使って頑張っていたが、やっぱり辛そうだった。なんか究極の攻略動画だとなんか肉弾戦をやるマジックユーザーが一番強いとかという攻略も出ていたけれど、魔法が弾切れするとどうしようもなくなるというのが結構厳しかった。その点、エルフは魔法の弾が切れても剣も盾もあるから色々動ける。Switchで出ないかな……。

 ところで、解説してる池田さんはTRPG版をある程度知ってるみたいだけど、TRPG版のダンジョンズ&ドラゴンズを買って背景設定とかを知ってほしい、と言われると厳しいんだよな……。今のダンジョンズアンドドラゴンズは、シャドーオーバーミスタラの背景世界であるミスタラをサポートしていない。D&Dサプリメントを出してほしい背景世界としては、一番がエベロン、次がミスタラ……と、新版が出るたびに思っている。個人的にあまりフォーゴットンレルムに思い入れがないから、っていうのもあるんだけど。

まさかの殺戮者


 このシリーズ、デレステは「満開スマイル」の4連撃、ミリシタはまつり姫の「フェスタ・イルミネーション」のビューリ砲を越えてくるものはないだろうと思ってたら、「DIAMOND」の正中線5段突きェ……。これを無印時代に散々デコデコ言われてた伊織が歌ってるのが面白い。コメント見て気づいたけど「お高い」「デコが光る」から「ダイヤモンド」なんだな。しかも、曲自体はすごくいい曲なのがさらに笑える。
 しかし、ミリシタってダイヤモンドってつく曲だけで何曲もあるんだな……。

うちのスタメンにはいない


 サラスヴァティはいた気がするが、他のおすすめペルソナはいないなあ。5に慣れた後に4を遊んでるから気になってしまうんだろうけど、4は戦っている敵と入手できるペルソナが結びつかず、どの敵と戦ってるからどのペルソナが手に入る、とか計算するのが難しい。ランダム性も強すぎるから、狙ったペルソナを入手するというのも厳しいし。
 動画の中では完二の影を倒す推奨レベルは25くらいと語られているが、うちのパーティーはすでに35レベルになっている。とはいえ、入手しているペルソナは完二のダンジョンにしか出入りしていない以上、推奨レベルに関わりなく同じはずだ。
 ただここは5も同じだけど、所持金に余裕ができるまではペルソナ白書埋めはしない(できない)し、余裕が出たら一気に埋めるだろう。そこまで余裕が出てくるのは、もうちょっと先のことにはなりそうだが……。
 やっぱり何だかんだ言って、5のシステムに慣れてしまうと4のシステムに戻るのはなかなか大変だ。早送り機能が便利なのは嬉しいけど。

あれを思い出した


 ウマ娘とトレーナーが二人組で戦ってるから、艦これやクイーンズブレイドじゃなく、闘○○市を思い出したぞ。……あ、でもあの図式だと、ウマ娘がレースをするならトレーナーの方が下着になることになるか。