こんなBGMだったのか


 ソードワールドRPGのBGMが使われた後にワースブレイドのクソデカレベルアップくん登場とか、TRPGゲーマーが泣いて喜ぶな(嘘)。ソードワールドRPGは持ってなかったんでBGMを知らなかったが、あんな暗い話(小説版)なのに、こんな明るい曲だったのか。

 しかし、どうしてDQ3の主人公の父親のグラフィックはカンダタだったんだろう。容量節約で敵のグラフィック流用するにしても、さまよう鎧とかの方がそれっぽかったと思うんだけどねえ。

タイトルはシュール

akiba-pc.watch.impress.co.jp


 「ストーリーはシリアスだけど、ゲームはコミカルなアクション」と書かれているが、むしろ気になったのはタイトル画面が妙にシュールなことの方だった(笑)。

最大の問題は……

gigazine.net


 最大の問題は、遅延でも機器トラブルでもなく、STADIAが他のゲームコンソールを駆逐した後に、Googleがある日突然規約を変えて料金を上げたり制約を厳しくする可能性があるということだと思う。他のサービスが辿った末路を考えると、丸ごと捨てられる可能性も低くはない。だから私はSTADIAを応援する気にはなれない。ゲーム業界に適度に刺激を与えてくれた上で、早めに消えてくれることを願っている。
 まぁ、料金形態(の酷さ)を聞いてちょっと安心したけれども(笑)。

善意……?

gigazine.net

そんな中でハイテク企業の多くは、「自分たちは有害な結果を引き起こそうとしていたのではない」として、テクノロジーが結果として害を引き起こしたとしても、当初の善意がそれを免除すると考えがちだとクックCEOは述べています。


 いやいや。アップルを作ったジョブスのビジネスの始まりは、違法にタダで電話が掛けれる「ブルーボックス」っていう機械を売ることだったし、FACEBOOKのルーツは「ハッキングをして得た女子学生の身分証明写真をインターネット上に公開し、公開した女子学生の顔を比べて勝ち抜き投票させるゲーム」だったじゃない。GAAFの始まりが「善意」だったなんて、誰も信じないだろう。
 始まりはアングラで、知る人ぞ知るマニアックな存在だったものが、時流に乗って世の中の「主流」になった時、アングラだった頃のやり方や風土が抜け切らなかったからこそ、こういう問題が起きてるんだと私は思うけどね。

思ったより似ていた


 果穂だと、なんか自分のためじゃなくて騙された他人のために頑張ってあげてる、って雰囲気になるのが不思議だ(笑)。

便利そうだけど……

akiba-pc.watch.impress.co.jp


 便利そうだけど、こういうのってiOSのアプデ一発で使えなくなりそうな恐怖があるわ。


 ちなみに、手持ちのiPadの不調の原因が分かった。なんとこちらもバッテリだった。ただ、黒苺は背面がそれほど強固ではないので、本体が膨らむという不調が分かりやすく出たのだけれど、iPadは背面もガラス液晶も頑丈なので、どちらも膨らむとか歪むということがなく「液晶が浮き上がる」という現象が生じた。これによってバックライトとの接触が不良になる部分が、暗く見えたということらしい。
 言うまでもなく、これは単なるバックライトの不調よりも深刻であり、今のところは代替機で急を凌いでいる。倉庫から引っ張り出した代替機というのはもちろん──前に日記に書いたことがある、SonyTabletPのことである。

戦場へ舞い戻る

kancolle.doorblog.jp


 実は今回、今まではやったことなかったが、イベントクリア後に掘りのためにイベント海域に逆戻りした。理由は簡単で、思ったよりも早く資源が回復しそうだったからだ(鋼材は再カンストした)。次のイベントも間隔が短すぎるということはなさそうだし、それならばギリギリまで粘ってみてもいいのではないか、という気分になった。
 といっても、今回攻略組が苦戦しているフレッチャーを狙うつもりはない。狙いは過去に取り逃した艦、イントレピッドとタシュケントである。
 

まだ来てなかったっけ


 あれ? こころんってまだこの店に来たことなかったんだっけ? ちょっと意外だった。

凄いサラッと書かれてるけど……

akiba-pc.watch.impress.co.jp

ちなみに、16ビットポケットHDMIの他にスーパーファミコン本体でも利用することが可能で、その際はコンバーターの側面にあるAV出力端子を利用して映像を出力をすることになります。


 スーパーファミコン実機の本体カートリッジに挿してファミコンソフトが動くってことか……?

これだよこれ

game.watch.impress.co.jp

(埋め込み不可なのでリンク先の動画をご覧ください)


 汚れ仕事(ビズ)を終えて命からがら依頼主のところに戻ったのに、報酬より先に「返り血が汚いから顔を洗ってこい」とか言われるあたり、シャドウランの鼻持ちならないミスター・ジョンソンとか思い出して懐かしい気分になった。そうそう、サイバーパンクってこういうのだったよねぇ。
 で、そのあと裏切られるのも、サイバーアームで窮地を脱するのも、そのサイバーウェアをハッカーに無効化されるのもお約束……なんだけど、昨日のインタビューで「この世界のネットは無線じゃなくて有線」的なコメントがあったのに、このハッカー思いっきり無線で主人公ハッキングしてるな(笑)。

これはダグトリオプリムス


 これは思わず作者名を確認してしまうくらいにはダグトリオプリムスですわ(笑)。

これはショックだ


 「赤城ちゃんのつまみ食い」のめがひよさん、亡くなられたのか……。ほんわかした作風で、静画の更新をいつも楽しみにしていたので、かなりショック。闘病しているとは聞いていたけども……。ご冥福をお祈りいたします。

キアヌ・リーヴス!?

game.watch.impress.co.jp

キャラクターは用意された"クラス"を選ぶのではなく、プレーヤーが必要だと思うスキルを選ぶスキルベースであり、しかも選ぶ武器によって戦闘スタイルも異なってくる。近接能力を強化するのにも、ハンマーを振り回すのと、日本刀で戦うこと、ナノワイヤーで戦うスタイルは大きく変わる。近接とハッキングが得意、というビルドも可能だ。


 なるほど。TRPG版には準拠しないんですな(TRPG版は技能ルールはあるがクラスシステム制で、公式同人誌のオプションルールを使わない限りマルチクラスも不可。ハイブリッドの能力は持たせられない)。

キアヌ氏演じるジョニー・シルヴァーハンドのギター。50年以上の前の姿を持ち、同じ名前を名乗るVの"守護天使"は一体何者なのか?


 エエエェェェ!? ジョニー・シルヴァーハンドをキアヌ・リーヴスが演じてるの!?

 一応説明すると、ジョニー・シルヴァーハンドはサイバーパンク2020の象徴的なキャラクター。文字どおり、機械の腕を持つ戦場帰りのロッカーだ。日本語版の挿絵だと金髪のベリーショートだし、キアヌに近いイメージはないなぁ……。映画版のジョニィ・ザ・メモニックでジョニィを演じたからかもしれないけど、名前が同じだからってキャラ的にはまったく共通点はないだろう……(笑)。

パンフレットが上下巻?

girls-und-panzer-finale.jp


 パンフレットが上下巻構成の映画なんて初めて聞いたんだが(笑)。しかも下巻は月末から公開って、がるおじが複数回劇場に来るの見透かされてるぞ……。
 もう一つの推測として、第二章に何か壮大などんでん返しか何かがあって、上巻はネタバレなしバージョン、下巻はネタバレありバージョンになってるって可能性もある……かも?

免許は取れないのでは


 「凛が16歳になる日」は永遠に来ないと思うんだ……。

え? コナミ

game.watch.impress.co.jp


 なんでPCエンジンミニをコナミが出すんだ? と思って調べてみたら、PCエンジンってNECホームエレクトロニクスだけじゃなくてハドソンも商標を持っていて、ハドソンの部分をコナミが継承してるから、ってことなのか。正直、NECがもうほぼゲーム業界自体に関わってない時点で、PCエンジンミニだけは出ないんじゃないかと思ってた。
 でも、このラインナップ。私が持ってたソフトは見事に一本もないな(笑)。私が持ってたのはナムコのゲームばっかりだったので……。

これも知らなかった

 このところ、時折レトロゲーとかを取り上げることが多いのは、メガドライブミニとかをYoutubeで検索して動画を掛けっぱなしにすると、勝手に関連動画でレトロゲーをまとめた動画とかを連続再生してくるからだ(笑)。
 というわけで、今日もそんな懐かしいタイトルの一つを。



 コットンというと、私のイメージだとゲーセンにあった横スクロールシューティングで、空から湯飲みが落ちてくるとか、ウィローという名のういろうを集めているとか、主人公が割と外道だとか、そんな感じだったんだけど、メガドライブでこんな続編が出ていた。
 スペースハリアーを思わせる、フロントビューのシューティング。コットンおなじみの湯飲みやクリスタル状のアイテムなどはそのままに、スペースハリアーとは違ってスクロール方向が自在に変化したり、ライフ制になっていたりといった改良点も見受けられる。何より、メガドラ時代に(ボイスなしとはいえ)デモが4分というのは凄い。



 そしてこちらがその続編、レインボーコットン。パノラマコットンが擬似3Dなのに対して、こちらはポリゴンを使った完全な3D。街中で建物の間をすり抜けつつ飛ぶシーンなどはなかなかワクワクするものがある(もうちょっと飛行速度が速くてもいい気がするが)。
 同時に、フロントビューのシューティング特有の欠点が、スペースハリアーからまったく変わっていない点も気になった。フロントビューのシューティングは、トップビューやサイドビューのそれと違い「自機と敵や敵弾の判定が画面上重なっても、被弾しているとは限らない(奥行きがずれている可能性がある)ため、当たり判定が非常に分かりにくい」という欠点がある。要するに「奥行きが一致しているのかずれているのかが、画面上直感的に分かりづらい」のだ。これが恐らく、臨場感や迫力に優れ、スペースハリアーという先人がありながら、フロントビューがシューティングの主流にならなかった理由だと思う。
 とはいえ、人気作の続編で新システムを採用したチャレンジ精神は、評価に値するだろう。

一応成長期だし(震え声)


 501と肝油のエピソードって、裏話含めると、ドラマCDまで全部聞いてないと前後が理解できないと思うんだけど、結構メジャーなのかな(笑)。

この世界観興味ある

gigazine.net


 こういうのは日本の方がやりそうだけど、例えばTRPGでいうとあっちにもシャドウランみたいなタイトルもあるし、場所を問わずみんな考えることなんだろうな。

確かに知らない

akiba-pc.watch.impress.co.jp


 HDDが2基搭載されただけで新機種扱いってことは、PC-9801に2基ドライブが搭載されたのって、結構後だったのかな? 88VAは最初から2基だったし、8801mk2SRも2基だったような。
 っていうか、あの当時のPCの設計って、HDDがない以上、最低でも2基ドライブがないと運用が厳しかったんだよね。9801Nで毎回RAMドライブにデータコピーするの凄い面倒だったし。
 それでも、やっぱり知名度でいえば、8801ならmk2SR、9801ならVM、なんだよなぁ……。