人型兵器の戦いではない


 あくまでも称賛としてだけど、この二機の戦いは人型モビルスーツ同士の戦いに見えない。マクロス板野サーカスとかあんな感じ。ガンダムではあんまり見なかった作風だ。尻尾があったり、鰭みたいなのが見えたり、本当にこのデザインは秀逸だ。背景が宇宙じゃなく地上でこの機動というのも新鮮だし。

上は未見の方再生禁止


 ほぼ同意。
 ネタバレなしで言える範囲で言うと、実年齢と違う外見年齢の義体に入るって凄くサイバーパンクだと思うんだけど、CDPRは何にそんなに抵抗があったんだろう……。



 こちらは未見の方も再生OK。ホント良い曲なんだよなこれ……。実ゲーム中で流れてる時はPONPONSHITと同じチャンネルなせいで全く意識しなかったけど(笑)。

どちらにも反論

togetter.com


 まぁ、Twitterなんで水野氏擁護の意見が多い訳だが、私はロードスにも原因があると思っている。


・元の意見である「地下から財宝でも沸いてくるのか?」という意見に対して

 これは勿論違う。違うんだけど、コメントの中にいる「ロードスから入るとそうなるが、D&Dから入ればそういう疑問はあまり湧かない」という意見に賛成だ。



 クラシックダンジョンズアンドドラゴンズには、モンスターに財宝タイプの設定があり、倒すとタイプごとの財宝を落とす。これは理由は明白で、モンスターが自ら倒した旅人の所持品を貯め込んでいるからである。知性のないタイプのモンスターでも、だ。むしろ、知性のないモンスターの方が、倒した旅人の所持品を一々移動しないという意味では、財宝を「溜め込んでいる」確率が高いかもしれず、それらの敵の特性による違いは、財宝タイプの設定に含まれていた。
 D&Dでは、モンスター一体の陰に、それまで倒されてきた無数の旅人──冒険者に限らない。行商人や、没落貴族や、迷いこんできた孤児などまでも含まれるだろう──が存在する。だから敵が強ければ強いほど、持っている財宝が多い。知性があってもなくても、貨幣経済を持っていてもいなくても、だ。
 「旅人がなぜそんなに金を持っているのか」これは前にも書いたとおり「信頼できる銀行なんて存在しない世界では、寄る辺ない者は全財産を持って移動するのが当然だから」だ。つまり前述の旅人たちは移動に際し全財産を所有しており、途上で力尽きればその財産が全て「モンスターを倒した時に得られる戦利品」になるのだ。
 だから、冒険者が成長し財産を手に入れると、大枚をはたいて魔法の武具を手にし、装飾品を手に入れ、それでも持ちきれなくなったら城を建て、塔を建て、そこに自らの財産を隠した。もし、城を建てた冒険者が探索の途中道半ばで倒れれば、残された彼の居城はダンジョンとなり、モンスターが棲みつき、隠された財産が戦利品となる。

 言い換えれば、モンスターが持っている財宝は、本来モンスターがいなければ人間社会を流通しているはずの財貨である。モンスターに奪われることでエコシステムから外れた資産がエコシステムに戻る。そこに、人間社会全体で見た「資産の増加」はない。事故で失われたものが戻るだけであり、財宝が沸いてくるわけではもちろんない。


 と、そうなると、水野氏の反論である「ロードスではモンスターは財宝を持っていない」という反論は、一見妥当なようでいて実はそうでもない。途上で倒れた旅人たちの、失われた財産が人間社会に戻ってくる、という図式でなければ、D&Dで成立していたエコシステムが成り立たない。例え、冒険の発端が依頼人からの依頼によるものだったとしても、「冒険の途上で見つけた財貨は君たちの自由にしてよい」という一言に心躍らせる冒険者は多いのではないだろうか。


アレクラストには何故銀貨(ガメル)しかないのか

 アレクラストの通貨単位がガメル(銀貨)なのは、当時ソードワールドの企画がドラゴンマガジン誌上の読者参加企画「ガメル連邦」とリンクしていたからである。ガメル連邦の通貨単位がガメルであり、銀貨だった。そこには金貨も銅貨もなかったから、アレクラストには銀貨しかないのである(ロードスがライデン金貨を使っているのは、フォーセリアに組み込まれる前にD&DやT&Tでキャンペーンを行っており、金貨を使用していたからだと思われる)。
 まぁ、エンカンブランスの概念がないアレクラストで「両替」をすること自体、恐らくプレイアビリティを損なう意味しかないので、金貨も銅貨も設定しなかったというのが、恐らくメタ的な理由である。

(続く)

フランが1位か

toho-vote.info


 フランが1位か。何かあったっけ。こいしの時は格闘ゲームに参戦したからとかそんな理由だった気がするけど。
 しかし、今や東方の人気投票をニコニコで動画化する人ももういないんだな……。

世に出るのが早すぎた


 私もこのハードウェアは好きだった。思うに、PSPgoとXperiaPlayとPSvitaは別々に出てはいけないハードだった気がする。形状がXperiaPlayで、スライドさせることでスマホモードとPSvitaモードを切り替えられる機能を持つ、PSPgoの拡張性を持った携帯ゲーム機として世に出ていたら、Switchとは違う道でライバルになれたかもしれない。


 とはいえ、ちょっと前まではスマホゲームの操作性に絶望し、スマホならではというゲーム性を持つタイトルに巡り合えずに嘆いていたからこういうハードウェアに郷愁を抱いていたけど、今はそれほどでもない。DQWという位置情報ゲームに出会えたのは大きかった。またその話かと言われそうだが、これぞ、コントローラーの必要ない、スマホならではというタイトルだ。

重宝する逸品


 シルバーアロワナ氏は他の配信者と違って、ガチャを引けっていうことがほとんどないので、これってほぼ最高評価なんだよな……。私自身もちょっと前に「ルビスの槍を持ってるからメタルキングの剣は要らない」的なことを書いたけど……すみません。甘く見てました。この剣、強い。

 あちこちの動画や攻略サイトでも言われてるけど、この剣の真価は「いきなりスキル」の「キングタイム」にある。いきなりスキルというのはDQWをやってないピンと来ないかもしれないが、ペルソナでいうオート系スキル。戦闘開始時に自動的に発動する。手番を使わないが、効果時間が過ぎると消えるので、いわゆるパッシブ系スキルとは少し違う。
 この「キングタイム」の効果は「味方全体が時々先手を取れる」で、これだけ見ると大した効果に見えないが「敵にメタル系モンスターがいると100%発動する」という特性が途轍もなく有用。これはつまりメタル系モンスターにありがちな「遭遇した瞬間逃げられる」が絶対に起こらないということだ。さらに、味方のターンでメタル系モンスターを倒しきれる力量があれば、メタル系モンスターを取り逃がすことがなくなるということでもある。
 動画でも言われているが、これに合わせてカジノに「はぐメタ匂い袋」と「メタホイ匂い袋」が追加されており、同じリソースを使っても、キングタイムがあるのとないのとでは、下手すると獲得経験値が倍近く違ってくる。
 さらに各所での評価が高い理由は、この剣が(少なくともしばらくの間は)腐らないと思われることだろう。この先様々な要素の開放で敵も味方も強くなり、ガチャから出る武器の威力がこれを凌駕したとしても、キングタイムは「誰かが持っているだけ」で発動する。つまりパーティの一番弱いキャラに持たせているだけで効果を発揮し、殲滅は他のメンバーに任せてもよい。もちろんメタキン剣自体がメタル系特攻かつ全体攻撃なので、現時点ではこれ以上の選択肢はないが……。むしろこんな武器を実装しちゃって大丈夫かとちょっと心配にすらなってくる(笑)。



 これも先日の伊吹童子同様、自分が持っていなかったら「隣の酸っぱい葡萄」だっただろう。メタキン剣が出るガチャではなく、同時開催された復刻ガチャの方で溜め込んでいた石を使ってしまい、しかも爆死に近い結果だったので、こちらは半ばあきらめていたのだが、本当にたまたま来てくれた。ドラゴンの杖もダメ、闇の覇者の魔杖もダメ、百獣の暗黒鞭もダメ、封印されし大賢者もダメ……このところ欲しかった武器に袖にされることばかりだったけれど、久しぶりに望んでいた武器が来た(今までの揺り戻しが来ただけともいうが)。
 ただ、自分で使ってみた分、欠点もはっきりとわかった。それは燃費の悪さだ。いきなりスキルも合わせると、1ターンで消費MP54。あっという間にガス欠してしまう。

英語は苦手……


 これ、英語が良くわからなくて動画の主旨が掴めず、最初はにじさんじENのメンバーがD&Dをプレイするために作ったPCをDM役のライバーが紹介してるのかと思ったけど、恐らく違う。これはENのライバーが、同じENの仲間のライバーを、D&Dのキャラクターに準えるならこう、とキャラクター作成している、という動画……だよね、多分。
 戦士も僧侶も魔法使い(ここではソーサラー)も盗賊もなく、バードとウォーロックドルイドだらけでこんなのでパーティ組めるんだろうかと思ったけど、そういう視点で作っていないのなら納得だ。


 ところで、私はTRPGが大好きで、Vtuberも好きだが、VtuberTRPGをやる動画はあまり見ていない。ホロの公式やどっとライブでもプレイ動画があったりするし、そもそもホロ1期生の白上フブキとかはかなり熱心なTRPGゲーマーらしいのだが。
 理由は簡単で「VtuberTRPGを遊ぶ」というのがかなり複雑な構図だからだ。Vtuberは視聴者の前に姿を現す時点で、既に仮初のプロフィールを持っている。例えば、獅白ぼたんならこうだ。

見た目とは裏腹にぐうたらした性格のホワイトライオン
基本めんどくさがり屋だが、一度決めた事はやり通す誠実な一面もある。
好きな言葉は「採算度外視」。ギャングタウンちほー出身、ゲームプレイはわりと効率中。強力な回復アイテムは最後まで残すタイプ。


 この上で、例えば下の動画のセッションだと「名前は下北沢スグル、男性の兵士で女性の前に立つと緊張する性格」というプロフィールを持つ。これはセッション中のPCの特徴である。



 AがBを演じ、BがCを演じる。TRPGでいうと通称レレレ(イットケイムフロムレイトレイトレイトショウ)に似た構図である。いわゆる「メタ構造にさらにメタ構造を持ち込む形」で、非常にややこしい。
 私がVtuberTRPGをあまり見ないのはこれが理由なのだが……冒頭にじさんじENの動画(私の拙い英語力による推測が正しいと仮定しての話だが)のように、それぞれのVtuberに与えられたキャラクター性を、それぞれのTRPGタイトルで再現する、というのであれば話は変わってくる。にじさんじのアンジュが「人間の錬金術師」のキャラクターを演じるというのなら、それはVtuberとして与えられたキャラクター性そのものであり、そこに新たなメタ構造は生じず、物語の構図としてはずっと簡単になる。この形でTRPGセッションをやるところまで進むというのなら……ちょっと見てみたいかも。
 ただ、どちらにしてもやるとしたら日本ではD&Dよりクトゥルフになってしまうだろうというのが、私にとっては残念なところだが。

許してはいけない


 「フルプライスのゲームをディスクで提供していながら、オフラインモードが一切存在しない」という、余り前例のないこのゲームの提供形態において、1年でサービス終了は許されないと思う。「赤字でも運営し続けろ」という意味ではなく、最初からオフラインモードを用意するべきだった。



 この人の指摘が真っ当だ。スクエニはソシャゲで早期サ終を連発し続けて感覚が麻痺してるんだろうが、コンシューマーゲームかつ対戦ゲームでもないのに、ディスクを売りつけておきながら1年で燃えないゴミにしたのは前代未聞だ。同様の商売を後に続けさせてはいけないという意味で、汚点として後世に残し、スクエニというメーカーがブランドを自ら毀損したことを語り継ぐべきだ。しかもこのゲームの運営は、開発規模は縮小しないと告知していたようで、なお悪辣だ。


gamerpress.jp


 モンハンと比べている人がいるがとんでもない。オフラインモードでちゃんと遊べるモンハンとは比べることすら烏滸がましい。発売直後あれだけ叩かれた2077でさえ、オフラインでちゃんと遊べる。ハードさえ無事なら、何年か後にナイトシティを再訪して懐かしむことができるのだ。

エッジランナーズ

 エッジランナーズの余韻が冷めなくて、長文で考察とか書きまくったけど、冷静に考えたらちょっとアレだったので公開するかどうか思案中。前によりもいの時にも同じようなことをしていて、はてなの下書きはそんなのばっかりだ。