いよいよカウントアップか

game.watch.impress.co.jp 鉄拳もいよいよ8かぁ。何年ぶりになるんだろう。5年ぶりくらい? かつてキング・オブ・ファイターズが毎年新作を出していた時代が遠い昔のようだ。 鉄拳の感想を言うと……動画を見てると画面は綺麗なんだけど、なんでこう背景の暗…

結局はゲーム機なのかどうか

動画内でも言われてるけど、かつてのカートリッジがそのまま使えるかどうかというのが気になるというのも、結局はこれがレトロゲーム機なのかどうかというのが多くの人が知りたいところだからだろう。ただ、色々な情報を集めてみると、これは少なくともレト…

ホロライブ×ジョイポリス(イベントの感想少な目)

ホロライブのコラボイベントが開催されているジョイポリスに行ってみた。 tokyo-joypolis.com 今日現在、ホロライブのコラボイベントがジョイポリスと東武動物公園で同時に開催されていて、どちらに行くか迷ったが、前にも書いたとおり東武動物公園はけもの…

骸だった

やっぱり骸だったかー。予想は当たってたけど、動画の中で強いとされている技については、私の印象とは全然違っていた。このA連打で繋がる永久は一体何なんだ……。実戦ではほとんど食らった記憶がないけど、それはみんな自粛してたってことなのかな。 前回の…

ファラオの苦悩

ヴァンパイアセイヴァーのアナカリスが、どうしてアドヴァンシングガードを持ってないのかっていうのは当時も本当に謎だった。 ガードキャンセルについては、前作の時点から、昇竜拳系の技を持っていないキャラはガードキャンセルできないというのもあったの…

グレーではない

game.watch.impress.co.jp 久しぶりに、読んでブチギレた記事だった。徹頭徹尾ツッコミどころしかない。これ、公式が広告出してるニュースサイトなんだよな……。 「海外にはもともとMODやツールを使う文化があること」や「クライアント外でユーザーがどんなア…

別ペンネームは難しい

コメント欄でコップクラフトの名前が出ていて、思わず苦笑いしてしまった。私はコップクラフトのアニメは見たことがないので評価は避けるけれども、私にとってコップクラフトというと、ペンネーム関連で色々あった逸話が真っ先に思い浮かぶ。 何の話かという…

普通のVtuberっぽい

まるで普通のVtuberみたいで草。 そっちがデビュー作だったか game.watch.impress.co.jp 原点っていったらOneの方じゃないの、と思ったけど、Oneはまだタクティクス名義で、Keyのブランドになってからだと最初がKanonになるのか。 togetter.com まさかこのイ…

追いつけなかった

ついに13章の実装か。私自身は、ようやくつい先日12章にたどり着いたところだったので、追いつけると思ったところで先に実装されてしまった感じだ。常に最前線を歩いていないといけないと思っているわけではないから、それほど残念ではないけれども。 そ…

ノー・ウェイ・ホームのようには……

最大の問題は、これだけゴタついた状況で「新しいシリーズを始めますよ」と言われて、視聴者たちが本当に見に行きたい思うかどうかというところだろう。私はちょっと観る気にならない。単体の作品をいくつか見てみたんだけど、設定をリブートしまくるので、…

英語が話せなくても……

英語が話せなくても、企画のアイデアとビジョンを持っていて、適切な相手に適切な依頼ができればここまでの動画が作れる、ってことか。旅費だけでも赤になるんだから、スタッフ連れて撮影する系の動画はもっとかかるんだろうなぁ……。 いつものこと togetter.…

ワレニカゴー(野太い声で)

みんな上手くなってくるとインカムが滅茶苦茶悪くなっていった、はわかる。アーケードゲームの宿命というか、確かに凄い上手い人が始めると、全然終わらないんだよな。シャドーオーバーミスタラだけの話だけじゃなく、古くは源平討魔伝なんかの頃からそうだ…

うちのスタメンにはいない

サラスヴァティはいた気がするが、他のおすすめペルソナはいないなあ。5に慣れた後に4を遊んでるから気になってしまうんだろうけど、4は戦っている敵と入手できるペルソナが結びつかず、どの敵と戦ってるからどのペルソナが手に入る、とか計算するのが難…

僧侶のふりをした魔法使い

特級職4人のパーティーを2種類作れというのは、理想としてはそうなんだろうけど……それには一人につき上級職を2種類、基本職を4種類上げる必要があり、かなり時間がかかる。動画でも言及されてるけど、特に上級職のレベル60から70は必要経験値がなか…

黄龍の力、見たいと申すか

ネオジオCDでもアケアカネオジオでも結構プレイしたつもりだったけど、黄龍が剣質を変える時に全身無敵になっているとは気づかなった。道理で攻撃が当たりにくいと思った。ちなみに、私が使ってる嘉神とか響で黄龍を気絶させたことなんて一度もないけどな………

これはヤバい

この新作、ドラクエウォークから人が流れてしまうという心配はどうやら必要なさそうではあるが、別の意味で心配になってくる。この動画は割と肯定的、あるいは否定的な意見についてはオブラートに包んだ言い方をしているが、もっと過激な言い方をしている動…

駄目だった→大丈夫でした

ペルソナ4 ザ・ゴールデン|オンラインコード版アトラスAmazon 待望のスイッチ版ペルソナ4ゴールデンがようやく発売された。自分もプレイステーション2版で遊んで以来だし、新鮮な気持ちで楽しみながら遊べるだろうと期待していたのだが、まったく予想外のと…

なんだこのネタ(寿司)は

クソゲーの動画のはずだが、印象に残ったのは「料理がまずい」ということ(笑)。シリーズ前半は美味しいという反応が多かったので、アメリカでも外食は美味しいところが多いんだな、と思ってたんだけど、後半はやたら外れが多くて、動画主の人には悪いが笑…

正解率は……

フレンに続いてにじさんじの設定に関するクイズの話。コメント欄の熱心なファンからすると「なんでこの設定知らないんだ」って思ってる人もいるっぽいけど、私から見ると、むしろ仲間の設定をよく覚えてるなぁ、というのがむしろ意外だった。「甲斐田は剣振…

百合といっても……?

動画本編の内容とは直接関係がないんだけど、ちょっと気になったのが、家庭用ゲーム機で発売されているレベルの表現(もちろん直接的画像はなし)でも収益不可にされることがあるだな、ということ。もちろんYouTubeの利用実態を考えると、子供が目にする可能…

元祖如月流は強かった

斬鉄は確かに強かった。過去にクソキャラ列伝に取り上げられてきたキャラと違い、斬鉄は身近に使っていた友達がいたので、こいつの強さは目の当たりにしていた。といっても、その友達自体元々格闘ゲームが相当強い人なのだが、そんな友達が斬鉄を使うと、そ…

斧振るニンジャ

まさか得意武器を5種類持っているとは思わなかった。何しろ他の特級職は得意武器を4種類ずつしか持っていなかったから。ここでニンジャだけ差別化を図ってくるとは予想外だった。しかも、予想していた4種類以外の一つが、まさかの斧。ニンジャに斧のイメ…

ニンジャだったかー

新職業はニンジャだったか! これは予想してなかった。でも、グラフィックから想像していた人たちはいたみたいだ。 今回のスマートウォークでもまだ公開はされていないが、ニンジャの「得意武器」が何なのかというのが気になる。とりあえず分かっているのは…

やはり観光か

遠国の動画作成者が市役所に電話して、いきなり当事者にインタビューというのは随分一足飛びだなと思ったけど、やはり市役所としては観光誘致のきっかけにしたかったということなんだな。 このシリーズが、基本的にはクソゲーを紹介する動画であるにも関わら…

成長するペルソナ

DLCペルソナ自体数が限られているので、10個選んだらほとんど選んだ事になってしまうんじゃないか、というツッコミは置いておいて……。DLCペルソナの特性は、他のペルソナに継ぐことができないという特徴があるので、そのペルソナ自体で活用しないといけない…

意識してなかった

言われてみると、Vtuberの配信の背景ってあまり気にして見ていなかった。ここにいるライバーの配信は(少なくともそのうち何人かは)結構見てたんだけど、初見で分かったライバーは一人もいなかった。正解を見た後であれば、確かにそうだと思い当たるライバ…

オンオフでよかった

今回のこの動画にはあまり納得がいかない……というか、前にも書いたことがあるが、ウォークモード中は広告は強制的に再生にはならない。動画主が言っているウォークモード中は広告を後回しにしたいという希望は、ある意味で既に叶っている。 この動画で言いた…

自虐だったとは

これまたお勧めに出てきたから見た動画で、関連らしき動画も今まで見たこともなかったと思うんだけど……いや、この動画は面白かった。さすがにこのネットミームは知っていたので、このインタビューの裏側にどのようなものがあったかというのは、非常に興味が…

お世話になった

スライムジェネラルというと、DQXのリング取りを思い出す。一時期通ったな……。 他の誰のせいでもない 岡田○司夫氏と岡本○起氏の動画は、正直好きではないので、お勧めに出ないように、関連動画に表示されてもクリックしないようにしているが、それでも時折表…

順延していたとは

実はこの三連休で東武動物公園に行こうと思っていたが、公式ホームページを見てみたところ、開催されているはずのホロライブのコラボイベントが開催されていなかった。 何故だろうと、さらにつぶさにホームページを見ていったところ、ここで鳥インフルエンザ…